ずっと長い間引きずってきている悩み

こんにちは!
私は41歳の専業主婦、むーたんと言います。現在、岡山県で夫と子供2人の4人暮らしです。

私が現在悩んでいること、それはズバリ「痔」です。
この悩みなのですが、実はもうかれこれ15年近くになります。初めてお尻から出血をしたころは衝撃的で、ひょっとしたら何か悪い病気なのかととても心配しました。
が、結局は切れ痔と判明しました。

最初の頃、痔自体は軽度のものでしたが、10年ほど前に痔が悪化してしまいました。
便をするたびに出血で、若干トイレに行くことがストレスに。
こんな悩みって、仲の良い友達にもなかなか打ち明けられないですよね。

そのため意を決して肛門科のある病院へ行くと、手術を勧められました。日帰りで簡単に行えるということで悩んだ末手術をする事に。

手術自体ほとんどしたことがなかったので、患部が患部なだけに、すごく恥ずかしかったし、とても苦痛でしたが、手術をすればこの痛みや精神的な苦痛から逃れられると思いながら乗り越えました。

実際手術をしてしばらくは快調な毎日でしたが、痔は完治する事はありませんでした。結局出産を機にせっかく調子の良かったお尻がまた悪化。
出産で痔が悪化するというのは、よく聞く話だったので「やっぱり私もか・・・」と。

忙しさもあり、もう出血自体に慣れてきたこともあり、最近はもう半ば諦めで、

「はいはい、また出血ね~」

と思えるようになるくらい、痔と共存してきた気がします。

一つ最近深刻に悩んでいることは、40歳になり健康診断の人間ドックで検便が必ずあるというところです。
採便する際に出血したらどうしよう。仮に出血し検査に引っかかったとしたら、おそらく再検査になり、内視鏡を受けなくてはと不安に感じています。

内視鏡の何が不安かというと、カメラを入れたら私が長らく共存してきた痔がさらに傷つくことになる。というか、相当傷つき、今よりもさらに痔が悪化するのではと気が気ではありません。

他の方から見たら大した悩みではないのですが、私自身にとってはとてつもなく大きな悩みなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です